イナゴやバッタ

散歩中、バッタやイナゴなんかに出会うことがあります。

今朝は結構、出会いました!

オンブバッタ

オンブバッタはまさに最後のカップル成立シーズン!

このあとメスは産卵しにでかけるのでしょう。

がんばってください!

ハネナガイナゴ

こんな間近で撮影できるとは!

イナゴはやはり飛ぶのでなかなか写真撮りにくい。

今回はラッキーでした!

性別不明ですが、これからパートナー探しかな?

ツチイナゴ

羽短いのわかります?

そうです。これ幼虫なんです。

かわいいですよね!

こっちも

ここにもいました。ツチイナゴの幼虫。

これは色鮮やかできれい!

さっきのよりひとまわり大きいので脱皮1回分くらい進んでいると思われます。

通常、バッタやイナゴのなかまは、晩夏から秋にかけて産卵します。

つまりこの時期、ほとんどが成虫のはずです。

そして卵は春過ぎに孵化し、春~夏にかけて育ち、また晩夏に成虫となり、パートナーを探して交尾・産卵するという流れです。

そうすると、ツチイナゴはまだ幼虫なのに大丈夫なんでしょうか?

実は、ツチイナゴはこのバッタ類のなかでは珍しく、越冬するイナゴなんです!

今、幼虫であるツチイナゴはほとんどが10月末くらいまでに成虫となり、そのまま枯草のかげなんかで越冬します。

他の種のほとんどが卵で越冬するので、これはかなり異例!

そして、春~初夏にかけて活動し、その期間に交尾・産卵する。

卵は晩夏~初秋に孵化し、冬になる前までに成虫に育つ。というライフサイクルである。

こういうの知ると楽しくないですか?

Leave a Reply

Your email address will not be published.