数学できるようになりたいなら・・・。

数学って難しいですね。

でも、できる人がいるんだから、君だってできるよ!

ちょっと言い方悪いけど・・・。

練習全然やってないのに

「数学できない!」

って、当たり前です!

数学は、公式を覚え、使い方を覚え、解答の作り方を覚えなければなりません。

歴史で誰が何をしたっていうのを覚えるのと違い

手を動かして、点が取れる解答のしかたを覚えこむ必要があります。

また、計算ミスで点を落とし、わかってたけどミスのため点を失っただけという子がいますが

ミスは練習しないと減りません。

練習せずにわからない、できない、点とれないのは当たり前なんです。

ボクはとんでもない量の練習をしてきました。

想像を絶する量です。

中3のとき問題集を50冊ほど終わらせましたが、そのうち20冊は数学です。

中3になったころに最も得点率の低かった数学をなんとかしたい一心でした。

ボクは福岡出身で、当時入試問題は1科目40点満点でした。

2年のころ、数学の模試は17点と半分行ってませんでしたが、入試直前では36点くらいでした。

高校3年間では問題集を150冊以上終わらせました。

そのうち数学はおよそ50冊ちかくやってます。

さらにチャートの黄色と青色は3周ずつくらいやってます。

以前、書いたんですがさらに予習で教科書の問題は一通り解いてたし

学校の教材や、プリントもこなしていたのでものすごい数の問題を解いてきました。

だから、今はみんなに解き方を説明してあげれます。

数学解けるようになりたかったら・・・。

とにかく手を動かして下さい!

わからないことは、もちろん質問してくれれば答えますが

そのあと、自分でその問題を言われた通り、一通りやってください。

解説聞いてわかっただけでは、自分では答案かけないので。

問題を多く解いたものが勝つ!

それが数学です。

数学は暗記か暗記じゃないかという論争があるようですが・・・。

はっきり言って、将来数学科に行って、数学科教授でも目指すんなら

暗記する数学ではダメでしょう。

でも、普通に高校受験や大学受験で解くレベルの数学は

解法を暗記しまくり、見たことがある問題をパターンで解き、初見の問題は経験した問題の中から知識や解法を抽出して、その問題に対する最適な方法を見つけ、解答をつくるで事足ります。

つまり、多くの問題のパターンを暗記してる者が勝つのが受験数学です。

思考力は重要ではありますが、決め手にはなりません。

そもそもその場で考える時間が長いと、入試では時間が足りなくなります。

問題を見たら、「こうやって進めよう」と見た瞬間から手を動かせる子じゃないと時間内に完答するのは難しい。

すぐに解法が思いつくこと。そして練習を繰り返してる子は手順もいいんです。

入試は時間との勝負。

練習量とパターン暗記で、時間短縮&高得点を狙おう!

Leave a Reply

Your email address will not be published.