クワガタの越冬

クワガタは種類によっては越冬します。

カブトムシ、ノコギリクワガタ、ミヤマクワガタなどは夏に活動始めると、その年の夏~秋で死亡してしまいます。

越冬はできません。

(ノコギリ・ミヤマの羽化した新成虫は活動前に蛹室で越冬し、来夏に出てくるのでそのときは越冬します。)

オオクワガタ、ヒラタクワガタ、コクワガタなどは夏に活動しても、越冬して翌年に活動する場合があります。

これは個体差や環境差があり、すべての個体が越冬するわけではありません。

しかし、オオクワガタは高い確率で越冬し、数年から5年以上生きるときもあります。

ボクの経験ではオオクワガタの最長7年。ヒラタクワガタ3年、コクワガタ3年です。

今飼育しているものの中にもオオクワガタで4年ものやヒラタクワガタの2年もの、コクワガタの3年ものがいます。

このようにうまく飼えば意外と長生きするクワガタたち。

で、今飼ってるボクのお気に入りのひとつ、ヒメオオクワガタですが・・・。

1回目の越冬を済ませたあと、2回目の夏でメスは死亡・・・。

で、オスは2回目の越冬に入ってるんですが・・・。

写真のように、最近起きてきて、ずっと動き回ってます・・・・。

ボクの経験上、これはあまりよくないことです。

死ぬ間際は、わけもなく容器内をグルグル動き回ることがおおく

そのあと力尽きることが多いので

今、めっちゃ心配です・・・。

実際、ここ1か月の間に数頭のクワガタが越冬できず死亡・・・。

クワガタたちすべてを長生きさせるって、ホント難しいんです・・・・。

ヒメオオクワガタは超お気に入りなので、できるだけ長く生きていてほしいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.