学習塾RainBow 科学の部屋 アオスジアゲハ

アゲハのなかまはチョウの中でも、大きいものが多く、しかも美しいものが多い。

今回のアオスジアゲハも超美しいです!

チョウの仲間は、とびまわるのでなかなか写真が撮れませんが、今回ラッキーでした。

蝶といえば、花の蜜を吸うということで、花のまわりにしかいないイメージだが・・・。

この種は、もちろん花の蜜を吸うため、樹木や花のまわりで見られるが、水たまりなどで水を飲んだりするので、まったく花がないところで見られることがある。

<アオスジアゲハ>

節足動物門

昆虫綱

チョウ目

アゲハチョウ上科

アゲハチョウ科

アゲハチョウ亜科

アオスジアゲハ族

アオスジアゲハ属

アオスジアゲハ

他のチョウと同じく、卵→幼虫→蛹→成虫と変化する完全変態。

幼虫の食草はクスノキやタブノキなどである。

※チョウの幼虫は葉っぱならなんでも食べるわけではない。食草が種によって決まっており、それ以外の葉は食べない。例えばモンシロチョウはアブラナ科(アブラナのほかにキャベツやハクサイなど)を食草とする。オオムラサキが激減しているが、その理由の一つに食草であるエノキのなかまが減っていることが挙げられる。

Leave a Reply

Your email address will not be published.