学習塾RainBow 科学の部屋 ムラサキシキブ

紫式部といえば、平安時代の作家で「源氏物語」の作者を思い出す人がほとんどでしょう。

しかし!花の世界にも紫式部がいます!

というわけで、ウチの庭のムラサキシキブ、ご紹介します。

6月・・・。

白というか、薄紫というか・・・。

小さくかわいい花をたくさん咲かせました!

そして7月後半。

花はすっかり枯れて、実ができ始めました。

このころはまだ緑色です。

そして今朝。

ついに!ムラサキシキブの名前の所以たる、鮮やかな紫の実ができました!

実は、まだ枝先のほうの実はまだ緑色です。

もう少ししたら、全体が鮮やかな紫になるでしょう!

それにしてもこの実、美しいですね!

毎年見たい植物の一つです。

<ムラサキシキブ>

被子植物

双子葉類

シソ目

シソ科

ムラサキシキブ属

ムラサキシキブ

シソ科の落葉低木。森林などに自生するが、実が美しいということで観賞用に栽培されている。

枝は水平方向に延びることが多い。

背はさほど高くならないが、大きいものでは3mほどには育つ。

写真のように紫の美しい実が特徴。

品種により白い実のものなどもある。

Leave a Reply

Your email address will not be published.