大分県の水族館 うみたまご アマゴ

アマゴって本当に美しい魚ですよね!

なんといってもこの模様!

本当に美しい。

渓流に棲み、昆虫や小魚を食べる肉食魚。

釣るときは、ミミズやサシムシ、クリムシやブドウムシなどの生餌を使うことが多いですが、ねりえさや魚卵などでも釣れます。

また石をはぐったらとれる川虫たちで釣ることもできます。

毛ばりやルアー、フライなどの疑似餌で釣ることも可能。

ちなみに、ボクは似た魚でヤマメは釣ったことがありますが、アマゴは釣り堀でしか釣ったことがありません。

<アマゴとヤマメの違い>

姿、形はほぼ同じ。味もほぼ同じ(超おいしい!)

見かけでは、アマゴは赤い斑点があり、ヤマメにはない。

ヤマメ→サクラマスの陸封型

アマゴ→サツキマスの陸封型

※陸封型→サケ科の魚でよくある。

もともと海に棲んでいた魚が、川や湖に遡上してきたのち、なんらかの理由でそのまま封じ込められ、海に戻れな  くなった末、淡水に適した体、姿になりそのまま固有種となったもの。

<アマゴ>

脊椎動物門

サケ目

サケ科

タイヘイヨウサケ属

種 サクラマス

亜種 サツキマス

上記のとおり、このサツキマスの陸封型をアマゴと呼ぶ。

セキツイ動物なので、背骨があり、魚類のなかまである。

テストでは・・・

ウロコでおおわれている

一生エラで呼吸する。

変温動物である。

水中に殻のない卵を産む。

しっかりチェックしておこう!

Leave a Reply

Your email address will not be published.