別府市 学習塾RainBow 受験の前日って何すればいいの?

今まさに受験シーズン真っ只中!

今週試験だ!とかいう子もいるのではないでしょうか?

先日、生徒から「前の日って何すればいいん?」と聞かれました。

これって、結構難しいテーマなのかもしれません。

受験勉強というのは、一日でできるものではありません。

受験まで、何日も何日も積み上げて、当日にその力をいかに発揮できるかを競うことになると思います。

つまり、前日に何をしたか?で合否が決まるものではないということです。

むしろ、前日に何やったかで決まるほど甘くないし、それだとこれまでやってきた受験勉強って意味ないってことになります。

ボクが考える前日の過ごし方は、のんびりと心を落ち着け、体調をしっかり整える事。

これまで受験勉強で睡眠不足だろうから、前日は早めに寝て体力を回復させておくこと。

これらが最も重要だと思います。

とはいえ、明日入試なのに勉強を何もしないのは、これはこれで不安の種にもなりかねない。

それで、前日に勉強をするなら、どんなことをすればいいかというと・・・・。

①暗記物中心の見直し。

②これまでやった問題の気になるところの見直し。

この2点かな~と思います。

これまで、たくさん勉強してきたはずなので、最終チェックして試験に臨む感じですね。

で、逆にやってはいけない、またはやらないほうがいいことをお伝えします。

①新しい問題を解くこと。

②難しい問題を解くこと。

この2点は避けてほしい。

これらをやるデメリットは何かというと・・・。

前日に「できない!」「ヤバイ!」という気持ちを持ってしまうかもしれないということ。

「明日、こんなの出たらどうしよう?」

なんて、出るかどうかもわからないのに悩んだり、不安がったりするのは大きなマイナスです。

先ほども述べましたが、これまでの努力で実力はほぼ決まっています。

あとは発揮できるかどうかです。

弱腰では実力は発揮できません。

前日は「できる!」とか「覚えた!」とか、前向きな気持ちを持てる状態で終えてほしい。

受験は実力があるほうが勝つ!という意味では、8割がたそうなんですが・・・・。

でも、何年もこの仕事をして、何人も受験生を送り出していると

「なんで、この子が落ちるの?」とか、「ダメと思ってたけど、受かってくれた!」とか

いわゆる、実力通りではない結果というのをちょくちょく目の当たりにします。

いろいろな理由はあると思いますが、精神的なものって結構大きい気がします。

自分の実力をいかんなく発揮するためには、不安を感じず、自信を持って会場に臨むことではないかと思います。

受験生のみなさん!

これを参考にして、ぜひ合格を勝ち取ってください!

Leave a Reply

Your email address will not be published.