ふきのとう

先日じいちゃんちに寄ったときに

冬にふきのとうを収穫した場所に行ってみました。

もうダメだろうとは思いつつ・・・・。

で、やはり・・・。

立派に花が咲いてました!

これはこれで、てんぷらなんかにして食べることもできますが・・・。

ウチでは基本食べない。

やっぱ無理か~なんて思いつつ見渡してると・・・・。

まだあった!

めっちゃわずかですが。

というわけで、あるにはあったけどあまりに少ないのでとらずに帰りました。

これから立派なふきがたくさん出ることでしょう。

<ふき>

被子植物

双子葉類

キク目

キク科

フキ属

フキ

ふきの早春時の花茎をふきのとうと呼ぶ。

やや湿ったところに多い。

ふきのとうだけでなく、ふきも食用となる。

ふきの場合は葉柄の部分を食べることが多い。

ちなみに、ふきは地下茎を持ち、地上の茎と思われる部分は葉柄である。

また、葉や根茎は薬として利用される。

Leave a Reply

Your email address will not be published.