学習塾RainBow タデ原湿原で出会った昆虫 アサギマダラ

なんてラッキーなんでしょう!

あのアサギマダラを撮影することに成功!

そもそもチョウそのものが、常にヒラヒラと舞い、撮りにくい。

近寄ると逃げるし。

ところが今回、写真のようにたまたま葉っぱにとまって休んでるところに遭遇!

なんとか1枚だけ撮れました!

もうちょっと撮りたかったけど、このあと優雅に空に舞っていきました。

美しかったなぁ~。

<アサギマダラ>

節足動物

昆虫綱

チョウ目

アゲハチョウ上科

タテハチョウ科

マダラチョウ亜科

アサギマダラ属

アサギマダラ

フジバカマの蜜を吸うことで有名であるが、ヒヨドリバナやアザミなども好む。

タデ原湿原ではヒヨドリバナ目当てで飛んでくるようだ。

九州以北では5~10月にかけて成虫が見られる。

九州以北で産卵した場合、幼虫で越冬し翌春また活動する。

しかし、多くの成虫は九州以北にとどまらず、秋に南西諸島のほうへと移動するものがある。

いわゆる渡り行為である。

最近のマーキングなどによる研究で、「春に南西諸島から移動してくる」というのは間違いであるという結論に至っている。

※ちなみに人気漫画「鬼滅の刃」に登場する蝶屋敷のチョウはこのアサギマダラがモデルです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.